終戦の日

戦後70年を迎えた夏。私たちが進むべき道はどこにあるのでしょうか・・・天皇陛下は終戦の日を迎えるにあたり、このようにお言葉を述べれられていらっしゃいました。

ー(略)終戦以来既に70年、戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました。戦後という、この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき、感慨は誠に尽きることがありません。(略)ー

今、ここに生きている私たちは、果たして先人が築き上げた70年の歩みを無駄にしていないだろうか・・・・天皇陛下のお言葉が胸に刺さります。「さきの大戦に対する深い反省」とともに、これからの70年も、さらにその先も、歴史に背を向けず、過去の過ちも真摯に背負って生きてこそ、日本国民に課せられた使命なのかもしれません。

「国民の象徴」としてこれほどまでに国民に寄り添い、切に世界平和を望み、過去の我々日本人の犯してしまった過ちをすべて背負って真摯に生きてくださっている天皇陛下のお姿によって、私たち日本国民は世界でどれほどに守られいるか・・・。

70年後も天皇陛下に「国民の意識に支えられ・・・」と述べていただけるような、天皇陛下の前で恥ずかしくない国民でありたいものです。