皆様、こんにちは。あっという間に3月も中旬。早いですね。ですが、それにしてもなかなか暖かくなりませんね~。なのに、花粉症はすごい・・・どうなっているのでしょうか。悲しいです。

さてさて、みなさま。待ちに待った酒蔵さんをお呼びしての貴重な日本酒の会~日高見の会~が無事にそして盛大に開催されました。本当に楽しい会でした。
日高見さんといえば、言うまでもなく日本を代表する蔵元さんです。また、日高見(平孝酒造)さんの社長さんである平井社長さんもまた大変魅力的な方でした。とても紳士で、お話は大変楽しく、お酒造りのお話になれば、それはそれは「きちがいかもしれい(すみません…)」と思ってしまうほど貪欲であり、日高見がどんなにすばらしいお酒であるかをまさに社長さんが証明しているようでした。

今回の会でのラインナップは写真にてご紹介しております。冷でおいしいもの、燗と冷で飲み比べるもの、ワイングラスで香りを楽しみながらいただくもの、お料理と合わせて楽しむもの、などなど、一つづつに趣向が凝らさせており、さらに加えて社長さんのお話が花を添えてくださり、とても充実した、とても楽しい、また大変勉強になる会でした。お客様も本当に楽しそうで、会場は終始にぎやかく、平井社長さんへも積極的に質問をされている様子にも我々スタッフとしても本当にうれしい限りでした。

このたびの日本酒の会~日高見の会~開催にあたり、なんと言ってもお世話になりました「酒の生酒屋」さんの数矢さん(若林社長さん!)。本当に本当にありがとうございました。数矢さんのお陰で日高見さんをお招きでき、数矢さんのお陰ですばらしいラインナップをお作りいただき、数矢さんのお陰で当日はたいへんスムーズな進行になり、数矢さんのお陰でとても和やかなすばらしい会になりました。本当に本当にありがとうございました。

生酒屋さん、(数矢さん)いつもすばらしいお酒をありがとうございます。

最後に、日高見の会にご参加いただきました皆様、本当に本当にありがとうございました。素敵なお客様に囲まれて木花は本当に幸せ者です。これからも木花―このはな-は、「もっともっと」を常に念頭に置きながら、精一杯頑張ります。これからもどうかよろしくお願いいたします。